新型コロナウィルス感染症見舞金について ヘアーサロンイワサキ
イワサキNEWS

ヘアーサロンイワサキは約4000人の社員を対象に5000万円超の新型コロナウィルス感染症見舞金を本年11月から12月にかけて配布する取り組みをスタートします。この取り組みは美容室チェーンとして初の試みです。

感謝をかたちに

イワサキはコロナ禍においても休業することなく事業を継続して参りました。社員には新型コロナウィルス感染症の感染リスクといった平常時には感じ得ない、相当な不安を抱えながらも懸命に事業に従事していただきました。そこで「感謝をかたちに」すべく、当社では社員1人につき最大3万5000円の見舞金を支給することとしました。

 

見舞金支給の理由

①不安な状況下で業務に従事してくださった社員への感謝を形としてお配りするため
②手渡しにて直属の上司からお渡しすることでダイレクトに働く人への感謝の気持ちを伝えるため
③12月という各種感染症が活発になる時期に従業していただくことに対しての感謝を込めて
④共にコロナと戦う決意を新たにするため

※プレスリリースより抜粋

 

新型コロナウィルス感染症見舞金に関する代表取締役 岩崎博文のコメント

「新型コロナウィルス感染症見舞金として総額5000万円超支給します。感染収束の目処が立たない状況下で、毎日感染の不安と危険のなか、業務に従事してくれた社員の皆さんに感謝の気持ちで見舞金を支給することといたしました。社会的な使命にこたえるためとはいえ、緊急事態宣言中に事業を継続する中で、新型コロナウィルス感染症の感染リスクといった平常時には感じ得ない、相当な不安を抱えながらも懸命に事業に従事して頂き本当にありがとうございました。引き続き感染防止のため、この見舞金を消毒液やマスク代等の健康管理にお役立てください。今後も全社員の健康と安全を守るために企業としての対策を行ってまいります。

※プレスリリースより抜粋

 

本記事のプレスリリース

本記事の詳細は以下のプレスリリースをご覧ください。

新型コロナウィルス感染症見舞金について